ブラジルのビットコイン・仮想通貨事情(3) アルトコイン取引のポテンシャル


ブラジルのビットコインセミナー
ブラジル、サンパウロのビットコインセミナーの様子

冒頭の写真はたまたま昨日Weworkで開催されたBitcoin関連のセミナーです。大手ビットコイン取引所のFoxBit関係者などが登壇してパネルディスカッションなどをやっていました。

立ち見も出る盛況度合いでしたし、来てる人もごくごく一般の方々だったんで、ブラジルでのビットコインは過熱気味だなと改めて思いました。

さて、今回はブラジルのアルトコイン・ICO関連について書いてみようと思ったんですが、実はあまりネタがないんです・・・・。

というのも、ブラジルのビットコイン取引所の大手はあくまでビットコインの取引のみに終始しています。現状ではビットコインって何?っていう段階なので、リップルとかイーサリアムとか言ってもなかなか一般にはわかられないでしょうから、現時点ではビットコイン一本で行くのは戦略的には正しそうな気がします。ブラジルの取引所は本格稼働してからせいぜい2-3年しか経っていませんからビットコインのことだけで手一杯なんでしょう。

 

したがってアルトコインをブラジルで買おうとしたら名前もきいたことがない零細取引所に頼らざるを得ません。ただブラジルの零細仮想通貨取引所にお金を出すのはさすがに怖くて手が出せる人はものすごく限られるでしょう。仮想通貨関連の情報サイトを見てもアルトコインの取引所としておすすめされているのはPoloniexやBitrrexなどで、国内取引所を探すこと自体が割と大変です。

でも、視点を変えて考えると、ブラジルのアルトコイン取引はまだまだこれからという段階で、競争も限定的ですから、日本の取引所の海外進出はまだまだチャンスがあるということかもしれません。

日本はビットコイン先進国としてレピュテーションが高いですし、一般論としても日本=信頼という図式が一般にも成り立つので、ブラジルのスタートアップと提携するなどで入ってくるチャンスは大いにあると思います。

Bitflyerさん、Coincheckさん、Zaifさん、はたまたDMMさん、GMOさん、是非ご検討ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA