日本のアグリテック企業によるブラジル・アグリショー訪問記


ブラジルで毎年4月末に開催されているAgrishow(アグリショー)は、すでに25年間続いているもので、ドイツやアメリカで開催されるアグロビジネス関連イベントと並んで「世界の3大アグロビジネス展示会」の1つと言われています。

2019年4月30日~5月3日にブラジルで開催されたアグリショーは、サンパウロ市から北に約300㎞のヒベイロン・プレット市で開催され、52万平方メートルの広大な敷地に800社以上が出展、来場客数15万9千人が集いました。出展ジャンルは、農業機械、器具、肥料・農薬、処理・貯蔵・灌漑設備、IT、自動車、金融、サービスと多岐にわたります。

今回は、スマートフォンやタブレットをモニター画面とするGPSガイダンスシステムで、トラクターの正確な走行をサポートするアンドロイド向けのアプリケーションAgribus-Naviを開発した日本のアグリテック・農業情報設計社をブラジルに迎え、このアグリショー訪問を中心に、ブラジルのアグリテック関連企業の訪問を行なう3泊4日のツアーを企画・実施しました。

この記事ではその模様をレポートします。

カンピーナスのアグリテック企業へ

初日は、サンパウロ市から北西に100㎞のカンピーナス市へ。

サンパウロやリオデジャネイロといった巨大市場に近く、物流面で好立地なために製造業が進出したのに加え、世界大学ランキングの最新版でブラジルで最良の大学とされるサンパウロ州立カンピーナス大学の存在もあり、近年ではIT企業のクラスターが形成されています。内陸に広大な農業地帯を控え、そして製造業とITがクロスする土地柄から、アグリテックの活動も目立っています。

ここではまず、ドイツ系自動車部品メーカBOSCHを訪問。自動車の電装品では世界トップクラスの同社も、ブラジルの強みである農業分野は未知の領域であったため、社内スタートアップを立ち上げるにあたりどのようなプロセスを経たのかの詳細な解説を受けました。農業情報設計社の製品と関連性から、農業機械向けの電装品の生産を行なう事業部との協議を始めることとなりました。

続いて、土壌サンプル検査の自動化装置を開発するIMBR社を訪問。農地における土壌サンプル収集とトラクターの正確な位置情報という点で接点が見られたほか、ブラジルの農業研究機関に豊富なコネクションを持つ同社との協業方法も検討されました。

3件目には、センサー等を通じて農地から収集される情報を視覚化し、農場主による運営上の意思決定を支援するプラットフォームを運営するagrosmart社を訪問。若き女性経営者Mariana Vasconcelos氏らが立ち上げた会社で、世界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニア企業としての国際的な賞も得ています。農業情報設計社のAgrobus-Naviから収集されるトラクターの運用情報を、同社プラットフォームに統合する可能性について検討を始めることになりました。

いよいよアグリショーへ

続く2日目は、いよいよアグリショーへ。会場のあるヒベイロン・プレット市への道中はサトウキビ耕作地帯で、小型機による農薬散布や、大型の収穫機を用いた収穫の様子を車内から見学しながらのドライブとなりました。

アグリショーの巨大な会場では、テーマ別に設置されたテントの中からイノベーション関連の企業を集中的に訪問。ブラジルの農業分野で実際に普及しつつある技術のトレンドを把握しました。

農業機械の自動化や精密農業を支援する企業のブースでは、農業情報設計社の技術と組み合わせることで出展企業側のビジネスに付加価値を提供できるような場面が複数見られました。出展企業の技術責任者から引き留められ、具体的な協業の方法や契約条件交渉レベルの話にまで発展することも。

また、Agrobus-Naviで搭載が検討されている新機能に必要な電子製品がブラジル国内で製造されていることも判明しました。このように、アグリショーで初めて接触したブラジル企業が、農業情報設計社のクライアント、パートナー、サプライヤーのいずれともなりうるような、有益なコンタクトを開拓することができました。

会場には、ブラジルならではの大規模な農業機械や灌漑設備、農薬散布用の航空機、ドローンが展示され、そのスケールの大きさに我々も圧倒されっぱなし。この日は5月1日のメーデーにあたり、祝日とあって家族連れの姿も見られ、巨大な農業機械を見て育つ子供たちが将来こうした機器を操り、世界の食糧庫とも言われるブラジル農業を支えていくのだろうと心強くもなりました。

ブラジルのアグリテック・バレーへ

翌日まで2日間のアグリショー訪問で想像以上の収穫を手にした我々は、最終日となる4日目に、農学系では世界で4番目に優れているとされるサンパウロ大学農学部(Esalq)のあるピラシカーバ市を訪問。サトウキビを原料とした燃料用エタノールの生産・流通大手のRaizén社の本社の横に開設されて間もないイノベーション・ハブ、AgTech Garageを訪ねました。

農業情報設計社のプレゼンには、このイノベーション・ハブに入居する企業の担当者も飛び入りに近い形で参加。大手民間銀行Sicredi社の農業向け融資との協業の可能性も検討されることとなり、まさにハブが新たな協業を生み出す場となることを改めて認識しました。

同様に、Raizén社が運営するPluse Hubも訪問。大手企業が新たなアイデアや才能をひきつけるための取り組みを強めており、日本の農業関連企業が進出する際の足掛かりとしてこうした場を活用していくこともポイントであるとの認識を深めました。

アグリショーを中心にブラジル農業の理解を深めるツアーは、こうして4日間の全工程を終了。金曜日の夜のサンパウロでは、今回の訪問で得られた手応えに今後の展開への期待を抱きつつ、充実した時間を振り返りながらの慰労会で盛り上がりました。

今回のツアーの様子は、ジェトロ短信にも紹介されています:https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/05/af80ba86d5fb8edc.html

次回、2020年のアグリショーは、4月27日(月)~5月1日(金・祝)の開催予定です。ぜひブラジルにお越しになり、ブラジル農業の可能性をともに感じてみませんか?

また2019年7月16日には、第1回ブラジル・アグリビジネス・フォーラム 東京 が開催されます。農業情報設計社 濱田安之ファウンダー・CEOも登壇し、ブラジルのアグリショー訪問ツアーに参加して得られた手応えと、ブラジル農業市場のポテンシャルについて語っていただきます。皆さまのご参加、お待ちしております!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA