10月24日 Sky.One Connect 2020 訪問記: テック産業の”働き方改革”と”IT格差”


フォーラム要旨

10月24日にサンパウロ市内で開催のSKY.ONE CONNECT 2020に参加しました。ブラジルにおける「テクノロジー/イノベーション」、「マーケット・オポチュニティ」、「スタートアップ・エコシステム」の3部構成で、専門家を招いて議論が交わされました。

 

フォーラムの様子 (Sky.One Brandão氏によるオープニング)

 

主催したSky.Oneってどんな会社?

Sky.Oneは、クラウドを活用したソリューションを提供するスタートアップです。2014年に創業し、経営のデジタル・トランスフォーメーションを支援してきました。今日では、ブラジルおよび南米、北米、欧州に1,000以上の顧客 (Havanna, Hirota Supermarket, Philips他)を有します (Sympla紹介文より)。2018年には、Great Place To Workや、LinkedIn BrasilのTop 25 Startupsにも選出された注目の企業です。

Sky.Oneについて詳しくはこちら

 

各セッションからの示唆

第一部 Opening remarks: Ricardo Brandão, CEO – Sky.One

同社の歩みとブラジルのテック市場の成長推移などがはじめに紹介されました。

 

とりわけ興味深かったのは、同社がGreat Place To Workの認証を得た話題です。スタートアップ企業にとっても、人財の獲得は肝心要であります。「金銭などの「目に見える」インセンティブに頼るだけでは限界があり、今後はやりがいや働きやすさ、理念への共感といった「目に見えない」要素も考慮しながら人財を確保していかねばならない」という同社の主張は、新鮮なものでした。日本でも人財不足の課題から、各企業における労働環境整備への規律が高まっておりますが、先進国に仲間入りしつつあるブラジル、さらにはスタートアップ市場においても、同様の論理が当てはまりそうです。

 

さらに、同社のマーケティング担当者に、今回のイベント開催の狙いについて質問したところ、「情報を発信公開することで将来のオープンイノベーションに繋げること、さらに、参加者間のネットワークを促進することが主目的です。そして、これらの貢献を通じた、Sky.Oneとしてのブランディングが最終的な狙いです。」と語ってくれました。

 

Brazil Venture Capitalとしても、来月開催のフォーラム等を通じて、市場関係者に付加価値を提供し、自社の価値を磨いて参ります。

 

第二部 Market Scenario: Dagoberto Hajjar, CEO – Advance

テック市場のコンサルティングを務めるAdvance社のHajjar氏からは、ブラジルのIT市場は、直近で年成長率が6.9%と、やや落ち着き傾向にあると示されました。

 

そして、特に注目を集めたのが、Déficit de TI = IT格差の議論でした。Hajjar氏によると、過去15年間のGDP比IT投資額は、北米で3.9%、先進国平均で3.4%であったのに対し、ブラジルでは2.1%と、3~4割も低い水準でした。これによって、とりわけ教育、ヘルスケア、リテール産業が諸外国に遅れを取ってしまったそうです。一方で、近年の積極的なITへの投資により、これらの産業の格差は、2~3年以内には縮小すると同氏は推定しています。

 

教育について少し深堀りすると、EXAMEによると、2020年には、ブラジルのテック市場で75万人の人財が不足(一方で失業者数は1,200万人以上)すると推定されています。(ブラジルに限らず)従来型の教育システムではテック人財を十分に育成できず、イノベーションや生産性の観点から、国家的な損失を及ぼすと危惧されています。しかしながら、この状況をポジティブに見れば、テック人財育成にも商機があるかもしれません。

 

第三部 Startup Ecosystem: Startupi

Startupiは、2008年に「スタートアップと大企業と投資市場を繋ぐ」という大義の下、情報や場の提供を生業として創業しました。第二部に続き、ブラジルでの教育やヘルスケア関連市場での伸びしろが強調されました。

 

また、来年3月には、参加者1,500名規模のスタートアップのマッチングイベントをSky.Oneと共同で開催予定だそうです。スタートアップが活況な中では、先日のブログでもご紹介したKPMG & Distrito Leapの様に、「イノベーションを起こす側ではなく、起きやすい環境を整える側」という「縁の下の力持ち」にも商機がありそうです。

 

—ご案内—

11月22日(金)には、第2回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム2019をサンパウロ市内で開催します。

豪華ゲストをお迎えし、ブラジルと日本で注目の各種スタートアップやビジネスに迫る貴重な機会です。

どうぞお見逃しなく!

お申込みはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA