2020年のブラジルのスタートアップシーンの展望


ブラジルの2019年の残り8時間。日本では2020年が明けたこのタイミングで、今年も2019年を振り返りつつ、2020年の展望をブラジルのスタートアップシーン、弊社ブラジル・ベンチャー・キャピタル、また、自分自身についてまとめてみたいと思います。

 

【ブラジルのスタートアップシーンの展望】

まずは2019年の答え合わせ

私が予想した2019年の動きは大きく以下の通りでした。

1.ベンチャーの資金調達時の企業価値の上昇
2.大型の資金調達を行ったスタートアップによるスモールExit急
3.骨太の連続起業家誕生への期待

 

1.ベンチャーの資金調達時の企業価値の上昇
予測:ベンチャー市場への資金流入が増え、ファミリーオフィス含むセミプロが増えることでバリュエーションがあがる
結果:予想通りベンチャー市場への資金流入は大きく増え、VCからのスタートアップ投資だけで1500億円規模になりました。ユニコーンは5社増え、数百億円規模のバリュエーションのスタートアップもさらに10社程度増えています。ソフトバンクは2019年も積極的でした。
2.大型の資金調達を行ったスタートアップによるスモールExit急
予測:2018年に大型Exitしたスタートアップが小規模でのM&Aを多数行うことでプロダクトラインを広げたりチームを獲得する
結果:これも大体予想通りでした。公表ベースでExit件数は2018年の倍以上です。一方で大型調達は多かったもののExitはあまり出ていません。
3.骨太の連続起業家誕生への期待
予測:今後Exitする起業家が増えてくると2度目3度目と、大きな勝負に出る起業家が出てくる土壌ができてくる
結果:象徴的なのはGrowというキックボードシェアリングのスタートアップです。ユニコーンクラスのExitを行った99の創業者達によってつくられて、あっという間にユニコーンクラスになりました。ハードウェア投資が必要なだけに、連続起業家でなければ資金調達が難しい事業モデルです。ただ、全体的に見ると多くの連続起業家が出てきた印象ではありません。一方で、大型スタートアップの中で社員として経験した起業家が増えています。「XXXマフィア」と呼ばれて行きそうな人々です。創業者ではないものの、テック企業が急成長する真っただ中にいた経験はポジティブです。

 

2020年の展望
1.2019年の傾向は2020年も続く:スタートアップ企業価値の上昇、スモールExit急増、連続起業家誕生
2019年は大型調達はあったものの、実は大型Exitはありませんでした。2019年に仕込まれた案件がExitまで行くのかどうか。USでのIPOが噂されている数社でのIPOが実現するかはUSマーケットの好不調にも依存します。Weworkショックの後でソフトバンクの動きが変わるのかも注目ではありますが、多少目立ったイベントで調整が入っても、市場全体が冷え込むことはないと予想します。その理由は以下のような感じです。
  • 元々ブラジルのスタートアップのバリュエーションは割安感
  • 既に数百億円単位の調達を完了したVCが5社程度
  • ユニコーンクラスの創業者がエンジェル投資家として活動強化
  • ブラジルでの公定歩合が4.5%と市場最低レベル。商業銀行がVCのLP投資に向けた投資信託の販売計画
2.フィンテックのコモディティ化
ブラジルのオープンバンキングによって、金融サービスが銀行の「軒先」を借りて提供できる訴状が整備されつつあります。決済、送金、クレジット機能を特定の顧客セグメント向けに提供するスタートアップが増えていく中で、大手との合従連衡がどのレベルで起きてくるのかが注目です。
3.C向けメディア・エンタメからの注目スタートアップの出現
資金が供給過剰感がある中で、ようやくC向けのサービスにも資金が供給されやすくなっていくと思います。これまでもDX文脈のリアルが絡むC向けサービスは大きかったですし、シンプルな「ECモール」的なものはありましたが、特定のセグメントに向けてデジタルで完結するメディア、エンタメ、ゲーム、eスポーツ、ショッピングプラットフォームなどのサービスの再発明がブラジルでも始まると思います。結果が見えてくるまでには3年くらいはかかりそうですが(といって来年の振り返りに保険を張っておきます)
 

【ブラジル・ベンチャー・キャピタルの振り返りと展望】

ブラジルベンチャーキャピタルも2018年に始めた活動を継続拡大した年となりました。
2020年には大きなイベントがあるものの、原則的には2019年の活動をひとつひとつ強化していくことに変わりありません。
1.投資先が順調に成長し、更なる資金調達を受ける
詳細は諸々の制約の中で割愛しますが、資金流入が堅調な中、弊社の投資先も順調に成長し、次の資金調達ラウンドに進んでいます。
2.ジャパンアングルの案件形成
5年前に独立して活動をはじめたときは本当に日本と絡んで何かできるのか、という疑問の声しか聴きませんでしたが、2019年にはじめて日本との具体的な連携となる案件をつくることができました。日本のドローンファンドによる弊社投資先のARPACへの投資が実現しました。関連ブログはこちら
その後、ドローンファンドの代表でいらっしゃる大前創希さんがブラジルにいらっしゃったり、投資を受けたARPACが日本へ行くなど、今後ますます日本とブラジルの連携が強められればと思います。これまで一人で行き来していたのが、こうして複数の方が行き来し始めることで指数関数的に連携が強化していくことと期待しております。
3.マーケティング活動の強化
2018年は弊社のマーケティング強化初年度とも言えますが、2019年も継続強化しました。
  • 年初に2冊書籍を出版:まさかポルトガル語で本を出す日が来るとはおもっていませんでしたが
    • 「未来をつくる起業家ーブラジル編」としてブラジルの起業家インタビューをまとめました。アマゾンはこちら
    • 「Empreendedor: Criadores do Futuro」として上記のポルトガル語版を出版しました。アマゾンはこちら
  • パブリックセクターとの連携強化:今年、ブラジル日本商工会議所でイノベーション研究会の幹事としてJETRO、KPMG、Deloitteの皆さんと活動させて頂きました。ブラジルのような日本からのアテンションが低い国では官民一体となってAll Japanで取り組まなければ成果を上げにくいと思っていただけに、新たな取り組みになりました。
    • 11月には研究会のイベント「Primeiro Grande Encontro de Inovação Aberta Brasil-Japão(サンパウロ)」
    • 農水関連の大臣級会談「日伯農業対話(サンパウロ)」
    • 日本領事館共催の「Eventos Culturais do Japan na Hebraica(サンパウロ)」
  • カンファレンスの主催・参加強化:昨年始めた弊社主催のイベントを拡大しつつ、他にも多くのイベント主催に関わりました。
    • Brazil Japan Startup Forum(主催:サンパウロ):第二回となる今年は昨年以上に多くの日本人が参加されました。
    • Brazil Agribusiness Forum(主催:東京):農業に絞ったフォーラムを日本で開催いたしました。
    • スタートアップカンファレンス「Next Silicon Valley」(共催:東京)では中国、インド、イスラエル、ロシア、アフリカの関係者と登壇しました。
  • ICC(Industry Co-Creation)での登壇:
    • 特に大きな成果だったのが2月のICC Fukuoka 2019で、インド・東南アジアのVCの先駆者である蛯原さん、アフリカで投資活動を行われている椿さん、インドネシアを中心にマルチナショナルにEC事業を展開されている金さん、バングラデシュで教育事業を行われている三輪さんと登壇しました。ICCのこの新興国関連のセッションに登壇するのは大きな目標の一つでしたのでの本当に嬉しかったですし、反響も大きかったです。
    • その他にも機会があれば登壇してきたので上記以外にも約10回ほどブラジルのスタートアップエコシステムを紹介しました。
  • ラテンアメリカ展開への第一歩:ブラジルのエコシステムが過熱気味である一方、他のラテンアメリカ諸国ではまだまだエコシステムの育成・強化に手伝えることがあると感じていましたが、2019年にはついにペルーに進出しました。
  • 専門メディアへの投稿:ブラジルについての日本での注目の低さから、これまでの情報発信は自社メディアが中心でしたが、CNET JAPANさんでブラジルのエコシステムについてしっかりと紹介する機会を頂きました。 “特集 : ユニコーンが続出する「ブラジル」の可能性”
こうして、ブラジルに今以上に大きな注目を集めたい一方でいつまでも私が勝手に営業トークしているだけでは説得力に欠けるという懸念もあり、2020年2月14日は日本から弊社フォーラムのためにサンパウロにいらした皆さんで率直な感想を語って頂く会を設けました。「第3回ブラジル・ジャパン・スタートアップ・フォーラム」です。是非皆様とブラジルのスタートアップシーンについてご理解を深めて頂く機会になれば幸いです。http://www.brazilventurecapital.net/jp/forum2020tyo/

 

【中山個人としての振り返りと展望】
私自身は仕事とプライベートの線引きが薄い人間な上、複数のプロジェクトを同時並行的に進めるスタイルをとっているため、なかなか会社でいうビジョン、ミッションといったものを意識、策定するのが苦手です。ただ、今年からぼんやりとKPIと思えるものが浮かびはじめ、とミッションのようなものを口にし始めたところ、しっくりき始めました。ビジョンより先にKPI決まっているあたりが微妙ですが、言語化の順番という位置づけで(笑)。ここにもメモ的に書かせて頂きたいと思います。
  • KPI「中山きっかけで日本からブラジルに来た人数」
  • ミッション「すぐやる、全部やる、長くやる」
  • ビジョン(仮)「日本にラテンアメリカというオプションを」(ここは生煮えです)
来年の大きなテーマは「案件化」と「チーム強化」です。既に動き始めているものも多くあるので形にしながら発表していければと思っています。2020年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA