フォーラム便り vol.11 | Astella Investimentos, Laura Constantini 氏

posted in: フォーラム | 0

フォーラム便りvol.1では、フォーラムの全体像と、ブラジルベンチャーキャピタルによるOpening Remarksを取り上げました。 vol.2以降は、全18セッションの模様をシリーズでお届けして参ります。 今回は、Astella InvestimentosのLaura Constantini氏による「ブラジルのベンチャーキャピタル」のセッションをご紹介します!

Astella Investimentos Laura Constantini氏 (写真右)とブラジルベンチャーキャピタル 中山

セッション要旨

弊社ブラジルベンチャーキャピタルの記事でも、ブラジルのスタートアップエコシステムの発展やユニコーンが誕生する土壌などについて、お伝えして参りました。2020年もそのモメンタムは続く見通しです。

今回のセッションでは、ブラジルのベンチャーキャピタル業界の女性リーダーとして活躍するAstella InvestimentosのLaura Constantiniファウンダー兼パートナーに、同社のこれまでの歩みや戦略、ブラジルのスタートアップ市場のトレンド、今後の展望などについて語って頂きました。

会社概要

Astella Investimentosは、ブラジルの未来を変えようとする起業家を支援することを目的に、2008年に設立されました。Banco Santanderなどでの勤務経験から金融の高い専門性を有するConstantini氏、Cicerone社でM&Aなどを手掛けてきたRigonatti氏、Loduca等でメディア広告関連の経験が長いChalfon氏、そしてCiatech創業者としてブラジルのオンライン教育市場をSato氏の4名で構成されます。

Sato氏については、ブラジル・ベンチャー・キャピタル中山著未来をつくる起業家 ブラジル編」でもインタビューを掲載しています。併せてご覧ください。

Astella Investimentosのチーム

数字で見るAstella Investimentos

Astella Investimentosは、2008年の設立以来、ブラジルのアーリーステージのテック企業への投資を発展させてきました。下記の数字が示すように、スタートアップの発展に寄与してきました。

‣3件のファンド‐Astella Journey I, II, III

‣30件の投資先

‣5件のExit

‣1.74倍(Astella Journey I)、3.05倍(同II)、1.5倍(同III)の投資倍率(ブラジル・レアル換算)

‣10.4倍の(Astellaが投資した後の次回ラウンドの)資金調達額

数字で見るAstella Investimentos

Astella Investimentoの投資戦略

テクノロジーを生かした最適な流通(顧客獲得費用)、カスタマーエクスペリエンス(生涯顧客価値)、バリューチェーン(設備投資)を強みとする企業を、独自のクライテリアで評価し投資先を選定します。クライテリアは合計で36あり、プロダクト、プロセス、人といった定性および定量の両面からデューデリジェンスを行います。投資後は、18~24か月のスパンで、投資先を戦略策定、実行、経過観察、文化構築といったフェーズで支援します。

また、3件のファンド「Astella Journey I, II, III」の実績は、主に下表の通りです。規模およびIRRも着実に拡大しているそうです。さらに、2020年以降には「Astella Journey Ⅳ」もローンチ予定です。

Journey-I Journey-II Journey-III
開始年 2008 2014 2017
投資対象 Pre seed, Seed Pre seed, Seed Pre seed, Seed, Series A
投資先数 11 7 15 ※計画
Exit数 4 1

「Astella Journey I, II, III」の実績

投資先の一例

セッションでは、投資先の一例として三社が紹介されました。フォーラムにもご登壇頂いたOmie(後日Omieのセッションもブログでご紹介予定)は、SaaSのビジネスモデルで、ERP関連のサービスを提供します。創業年と同じ2014年にシリーズBで投資しました。Sallveは、消費者向けスキンケアのベンチャー企業で、2018年に創業し、同年にAstellaからの出資を受けました。Resultados Digitaisは2013年創業のマーケティングのSaaS企業で、2015年にAstellaが投資しました。3社いずれも、IRRはおよそ70%以上と顕著なリターンが見通されています。さらに、投資先のセクターやビジネスモデルも多様な点が特徴といえます。

おわりに

スタートアップエコシステムや投資環境が十分に整備されていなかった2008年から、腰を据えた多分野への投資でベンチャー企業を支えてきたAstella Investimentos。同社の躍動は、ブラジルのスタートアップ市場の発展はもちろん、Constantini氏の様な女性リーダーの台頭にも貢献することが期待されます。

Astella Investimentosの理念

Constantini氏の紹介

Astella Investimentosのファウンダー兼パートナー。ブラジルのベンチャーキャピタル業界の女性リーダーの1人。二児の母。南米のトップスクールであるブラジルFGVで経営学を専攻し、ブラジルとニューヨークのBanco Santanderに勤務。後のAstellaの共同創業者となり、通信技術に関する高い見識を有していたEdson Rigonatti氏にその当時出会う。ライフワークバランスも考慮し、2005年にCicerone Capitalに移籍し、Rigonatti氏らとM&A案件を手掛ける。2008年にAstellasを設立。ベンチャーキャピタルでは、財務の堅実性に加え起業家の人間性や多様性も重視。

示唆に富んだ貴重なご講演を有り難う御座いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA