News | ソフトバンクがブラジルのペット用品販社へUS$48Mを投資

posted in: ニュース | 0

ニュース要旨

ソフトバンクが、ペット用品のオンライン販売を手掛けるブラジルのPetloveに、US$48Mを投資したことを複数メディアが4月7日付で報じました。昨年にUS$5B規模の南米ファンド設立を発表して以来、We WorkやOYO問題などの紆余曲折を経て、南米における投資のペースは若干落ち着きつつあるものの、以前として、南米市場への期待感に変化はないようです。また、従来はフィンテックやシェアリングエコノミー分野への投資が中心でしたが、今回はソフトバンクにとって南米では初であろう、ペットケア分野への投資となり、投資額も比較的小規模です。業界や事業サイズのポートフォリオを拡充し、南米市場全体を取り込んでいこうというソフトバンクの姿勢が伺えます。

投資の背景

ソフトバンクによる今回の投資以前には、ベンチャー・キャピタルのKasZek VenturesMonashees、プライベート・エクイティのTarponらからおよそUS4.2Mの資金を調達していました。累計の資金調達額がUS$52.2Mに上ったPetlove代表のMarcio Waldman氏は、今回の資金調達により、新型コロナウイルスに伴う外出規制や「巣ごもり消費」増加に対し、オンラインペット用品販売事業を加速させていきたい考えです。

Petloveの会社概要

以前はPetSuperMarketとして知られていたPetloveは、幅広いペット製品を提供するオンラインストアとして運営されています。 ブラジルでインターネットが普及し始めた1999年に、ペット用品のインターネット販売を始めました。その12年後、PetSuperMarketは、Petloveにブランドを変更し、顧客とペットケア市場のシステムを見直しました。Petloveでは、初回の購入以降、すべての顧客は自動的にポイントプログラム(マイレージなど)に登録され、10,000を超えるペット製品の割引を受けることが出来ます。

Petloveのウェブサイト

ペットケア市場の概況

ユーロモニターによると、ブラジルのペットケア市場の売り上げは昨年US$4.7Bで、世界第三位の市場規模です。下図は、2019-2025年の世界市場見通しを示しています。CAGRは5%ほどで、25年にはUS$269.9Bにまで到達する見通しです。現在トップシェアの北米の市場規模は、2018年時点でUS$72.1Bであり、全体のUS$190Bの約3割近くを占めていました。

グローバルペット市場の概況

さらに、ペットケア市場は、ペットフード、ケア用品、その他サービスに分類され、ドイツの事例(円グラフ)では、ペットフードがおよそ70%、他2セグメントがそれぞれ15%ほどとなっています。Technavioのまとめによれば、ペットフードのような必需品から、「ファッション分野」のような嗜好品の市場が今後の成長ドライバーになるであろうと見通されています。さらに同調査においても、北中南米が世界全体の4割をしめていくという高いポテンシャルが示されています。

上:ペットケア市場の分類(ドイツの事例)

上:Technavioによるペットケア市場見通し

ペットケア市場とEコマース

視点を変え、Eコマース市場との関連性ではどうでしょう?ソフトバンクのパートナー、Paulo Passoni氏によると、ペット用品のオンライン販売は、ブラジルでは、ペット用品の総売上高の3.8%に留まりますが、米国では18%を超えています。ブラジルのEコマース市場は2019-2023年の4年間でCAGR26%と推定されており、ペット用品関連についても大きな伸びしろが読み取れます。

ブラジルのEコマース市場概況(ブラジル・ベンチャー・キャピタルまとめ)

ソフトバンクによるPetloveへの投資からの示唆

ブラジルのペットケア市場は世界第三位の規模を誇り、Eコマース市場の25%を超える高い伸び率も背景に、今後も堅調な成長が期待されています。新型コロナウイルスの感染拡大に関連付けると、ペットケアを含む「巣ごもり消費」に対してポジティブな要素となり得ますが、あくまでも短期的な材料である点には注意が必要です。また、投資家としてはリスク分散の観点から、ポートフォリオ拡充も今後肝心となるでしょう。同時に、単に投資セクターを拡充するだけでなく、例えば医療や教育、食といった、どの様な時代でもより必要不可欠とされる「社会的インフラ」分野に注目することも有効でしょう。さらに、スタートアップ企業としても、一社単独よりは、同業他社(あるいは他業界他社)との提携を通じて、マクロ変動への耐性を高めながら、事業を開発することも重視されるでしょう。こうした文脈で、オープンイノベーションがより進むかもしれません。

ソース

https://www.google.com/amp/s/mobile.reuters.com/article/amp/idUSKBN21P1TC

https://www.businesswire.com/news/home/20191112005822/en/Global-Pet-Care-Market-2018-2022-Popularity-Pet

https://www.google.com/amp/s/www.gminsights.com/industry-analysis/pet-care-market/amp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA