トレンドレポート | 中南米テック業界 フィンテック編

posted in: ニュース | 0

近年、特に成長著しい中南米のスタートアップシーン。BtoC向けの消費者サービスやAgri-Tech(農業テック)が目立っていましたが、近年は世界的に盛り上がりを見せるフィンテックサービスが中南米内でも急激に台頭してきています。今回は今年大型の資金調達を成功させた3つの中南米のフィンテックスタートアップを取り上げます。

 

Accountfy

ブラジルのサンパウロを本拠とし、BtoB向けSaaSサービスを提供しています。このプラットフォームは、ユーザー企業の会計/管理/財務活動における意思決定をサポートする財務指標管理ツールです。企業の財務活動のデジタルトランスフォーメーションを加速し、月々の業務負荷を最大10分の1程度まで減らすことができるとしています。
Accountfyのビジョンは、あらゆる企業の経営レベルの財務管理サービスプラットフォームを提供することで、各社のCFOの右腕となる事業となることです。ユーザーは事業会社だけに留まらず、監査法人やPEファンドといったプロフェッショナルファームにも多く採用されており、提供地域も中南米だけでなく北米や欧州へ今後展開していく予定とのことです。

 

A55

こちらもサンパウロ拠点のフィンテック企業です。A55はオルタナティブ・レンディングと呼ばれる分野でのソリューションを提供しており、SME(中小企業)向けに収益担保型のクレジットサービスを提供しています。銀行口座、請求管理、ペイメント手段、クレジット情報といった情報とプラットフォームが連携することでSMEの引受を行います。
彼らは中南米における融資プラットフォームサービスプロバイダーとなることを目指しており、2年前の2018年に事業を開始して依頼、ブラジルとメキシコで多数の顧客を抱え、事業を拡大しています。

 

ADDI

ここまでブラジル拠点のスタートアップが続いていましたが、最後は、コロンビアの首都ボゴタを拠点とするフィンテック企業です。2018年創業で、さらに今のパンデミック禍の中、シリーズBラウンドの資金調達を成功させました。2019年にはシリコンバレーの名門VCであるa16zからも資金を調達しています。
ADDIは、コロンビアにおいて一般消費者がクレジット購入などの金融サービスを利用するためにハードルのある現況をテクノロジーで解決しようとしており、コロンビア全国の店頭でクレジット/ローン購入を可能にしています。コロンビアでは小売の90%がまだまだオフラインの販売店で行われているという背景から、実店舗でのサービスから開始し、現在はEコマースと実店舗両方の小売業者へデジタルソリューションとして提供しています。

 

参照

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA